基礎技術

自走式の万能削孔機による「BG工法」については、日本ではいち早く83年に導入し、多くの運用実績を踏まえて改良を加えてまいりました。その他「大口径場所打杭工法」や「地中障害物撤去工法」などで、様々な作業環境での低振動・低騒音にて施工が可能です。

防災技術社会基盤整備・維持

環境保全工事(ECW工法)

ECW(Ecology Wall)工法は、従来のソイルセメント柱列壁工法で発生していた大量の排出泥土を大幅に低減する工法です。加えて、使用硬化材料の削減も可能となりました。従来工法では削孔開始時よりセメントミルクを注入しながら削孔攪拌を行うため、その削孔対象土量に対した注入量相当分が排出泥土(建設汚泥)となって大量に処分されております。これらの問題を解決する目的で開発されました。

当工法は特別な設備投資が必要ないシステム原理で排出泥土の減容化と硬化材の削減も含めコスト削減できる工法として誕生したソイルセメント柱列壁工法です。

機能と特長

環境保全

  • 建設汚泥を減容化することで、環境保全対策に寄与できます。
  • 建設汚泥搬出用ダンプトラックと硬化材搬入車両を削減できるため、工事個所周辺の騒音振動公害を低減できると同時に、CO2(ニ酸化炭素)の発生量を削減できます。

経済性

  • 建設汚泥運搬処分費が従来工法と比較して大幅に削減できます。(約45%~65%)
  • 硬化材料費及び用水費が従来工法と比較して大幅に削減できます。(約30%~35%)
  • 建設汚泥の減容化のための特別な機械経費(減容化プラント)が不用です。

施工状況全景
施工状況全景

施工状況
施工状況

ECW工法と従来工法の泥土発生率の比較(仮置き脱水後)

ECW工法    従来工法(SMW協会)
土 質 泥土発生率(%)   土 質 泥土発生率(%)
礫質土 25   礫質土 60
砂質土 35   砂質土 70
シルト 40   シルト 90
粘性土 45   粘性土 90~100
減容化効果約45%~65%      

施工システム図
施工システム図

建設技術審査証明取得(平成15年8月)
国土交通省新技術提供システムNETIS登録 TH-020021
                  (ECW工法協会カタログ抜粋)

技術ソリューション

ページトップ▲
Copyright (C) 1999-2009 JAPAN FOUNDATION ENGINEERING CO.,LTD. All rights reserved.